カテゴリー:探偵 結婚調査の記事一覧

探偵 浮気調査

探偵事務所は浮気調査に利用されています

カテゴリー:探偵 結婚調査

結婚調査の調査内容【異性関係・風俗関係】

結婚前に探偵の相手の事を結婚調査をして欲しいと言う依頼は結構有る様です。
では依頼された探偵ではどう言った内容の結婚調査をしているのかいくつか挙げてみたいと思います。
【異性関係】
過去の異性関係は仕方がないと思うのですが、現在交際中の相手以外に異性がいないのかどうか、調査をしておく事はとても大切な事だと思います。
特に危険なのは過去に交際していた人との関係性です。
意外とそのまま繋がっている事も多く、今現在でもお付き合いが続いていると言う事も少なくありません。
こうした事実を結婚調査に知っておく事で、結婚を取りやめする事も出来ますし、相手に今の内に清算させる事も出来ます。
異性関係は一生続くものと考えられますので、現在の異性関係を知っておく事で将来どの様な感じになるのか想像できるのもメリットの1つかもしれません。
【風俗通い】
これは結婚相手が男性に限った話だと思いますが、結婚相手がいるのに風俗通いをしている男性は結構いる様です。
風俗に行く事自体が生活の1つとなっていて、止められないと言う人もいます。
しかし女性側からしてみたら何の為に風俗に行くのか分からないと言う事も多いでしょう。
こうした事実を知っておく事で相手の性癖が分かったり、自分への病気の可能性も出てくる様になります。
こうした事実を知っておく事で、結婚を止めたり延期したり、行為自体を止めさせる事が可能となります。
もちろん知らない方が良かったと言う場合も有りますので、結婚調査をする場合にはよく検討した上で依頼する様にしましょう。

結婚には我慢がつきもの

幸せな結婚を送る為に必要な事、それは「我慢と忍耐」です。
色んな人に聞くと、幸せな結婚を送る為には「愛情が有れば良いわ」「お金が有れば良いわ」「思いやりと持っていこう」と言う様に言うと思います。
しかし実際にはそれだけではダメで、我慢と忍耐が必要だと思うのです。
例えば親戚付き合いは最たる物だと思います。
結婚と同時に相手の家族と親戚とは関わる事になります。
一般的に言って嫁と言う立場は弱く、色んな事を言われる可能性も有ります。
こうした親戚付き合いはとても難しく、面倒な為、上手くいかない場合には離婚をすると言う事も有るのです。
その為、どういった家族や親戚がいるのか結婚前に探偵に依頼して結婚調査をしてもらう人も少なくないと言います。
探偵を雇って結婚調査をしたからと言って、必ずしも結婚生活が上手くいくとは限りません。
やはりそこには我慢と忍耐が必要不可欠になってきます。
次に生活リズムや価値観の違いでも忍耐や我慢は必要になってきます。
脱いだものを片付けない、トイレの戸を閉めない等、色々と自分とは合わない所も出てきます。
この場合は少しずつ言って直す様にしてもらう事、我慢と忍耐を繰り返して自分自身で良い様に変えていくしか有りません。
他にも独身時代とあまりにも生活が違い過ぎてストレスが溜まる。
お金の使い方を管理される様になった等、色々我慢をするところは有ります。
我慢し過ぎると身体に悪いので時にはケンカも必要です。
そうやってお互いの意見を交換し、生活をしていく事になるのです。

結婚の現実

いくら探偵に結婚調査を依頼して清廉潔白な結婚相手だったとしても、必ずしも理想の結婚を送れるとは限りません。
逆に探偵に結婚調査を依頼した結果、問題が発覚したとしても、いざ結婚生活を送ってみたら理想の結婚となったと言う場合も充分に有り得ます。
ここで結婚の現実について少し挙げてみたいと思います。
女性であれば誰しも結婚に理想を抱き、理想の相手と結ばれたいと願うと思います。
しかし結婚は夢物語では有りません。
実際の生活をしなくてはならない為、理想の結婚を送れる方は本当にいないのではないでしょうか。
結婚と同時に理想が現実に変わり、「こんなはずでは無かった」と言って離婚に至ってしまう事も少なくないのです。
これではいくら結婚調査をしても、結婚に夢を抱きすぎて結果的に失敗に終わってしまいます。
理想の結婚は最初の数日間だけで、その後はいかに良い関係を維持しながら、お互いが気持ちいい形で生活をしていけるかと言う事を模索していく事なのです。
相手の事を好きなのはもちろんです。
だからと言って相手が間違った事をしたり、許せない事をしたりした場合、「いいよ、いいよ」と言って我慢してしまっては結婚生活は長続きしません。
嫌な事は嫌だとはっきり言う事、我慢も必要ですが我慢し過ぎない事、良い事が有ったら一緒に喜ぶ事、相手の事を思いやる事、こうした配慮を続ける事がとても大切なのです。
そうした積み重ねをしていき、年齢を重ねて昔を振り返った時、「思い返してみれば理想の結婚だったね。
」と思う様になると思うのです。

結婚調査がされやすいタイプ

誰でも結婚する際、相手の事について高いお金を出して探偵に依頼し、結婚調査を行う訳ではありません。
ではどの様なタイプの方が結婚調査をされやすいのでしょうか。
ここに挙げたタイプが必ずしも結婚調査がされやすいと言う訳では有りませんが、参考程度に挙げてみたいと思います。
先ずは「お見合い」の場合です。
お見合いの場合は相手の身元がしっかりしている事が多いですので、素性については隠し事は無いと思います。
しかし普段の生活についてはなかなかお見合いでは知る事が出来ないと思うのです。
お見合いをして直ぐに結婚前提でお付き合いをしていき、その中で知っていくと言うのは良いと思うのですが、普段の行動、交友関係、ギャンブル癖、浪費癖、異性関係等、不安な点が有る場合には結婚調査をしてみても良いかもしれません。
次に自分の事をあまり話したがらないタイプ、逆に自分の事を喋りすぎるタイプも結婚調査がされやすいタイプなのではないでしょうか。
自分の事をあまり話してくれないと、何を考えているのか分からず、結果的にどんな人かが分からないと言う事で、探偵に結婚調査をして普段の行動を見ておきたいと思うのかもしれません。
逆に自分の事を話しすぎるタイプの場合は、話しすぎる為に何処まで信じて良いのか分からなくなり、裏の顔が有るのではないか、何かを隠したくて他の事を不要な位話しているのではないかと思ってしまう事も有ると思うのです。
他にも結婚調査がされやすいタイプと言うのは有ると思いますが、主にこうした人達がされやすいのではないかと感じます。