2016年05月の記事一覧

探偵 浮気調査

探偵事務所は浮気調査に利用されています

月別:2016年05月

GPS端末を使い、行きつけの場所のの情報を探す

GPS端末を使い、行きつけの場所の情報を探して、見張っていれば、待っていればパートナーはそこに行くはずなのですから、不埒な行為を押さえることができるでしょう。
費用のご準備が十分ではないときには、地図情報システムで調査するのも、ひとつの方法ではあります。
位置がわかる機械が仕込まれていることが発覚することがあります。
法律上では、既婚者がパートナー以外の人と自分の方から男女の関係になることを不倫といいます。ということは、法に従えば、肉体関係を持っていない場合には、食事や遊びに行ったとしても、不倫ではありません。
自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。浮気の裏付けをつかみ取るには、浮気調査を探偵に依頼することが最も確実な方法です。でも、探偵へ依頼すると高額なので、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。
探偵さんへの浮気調査の依頼には、費用はいくらぐらいかかるのでしょう?探偵事務所それぞれで料金はまちまちなので、依頼する前には見積もりをお願いするのがよいでしょう。
尾行料金の相場はと言うと、調査員の数によっても変わりますが、1万円から3万円程度が1時間あたりの相場です。当たり前のことですが、調査員が1人なら安く、増えるほど高くなります。
そして、尾行時に移動に車やバイクを使用するケースでは、交通費や車両費として別途請求されることがありますので確認がいります。
結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、料金設定が細分化されていて、それ以上、料金がかからないような探偵社が安心安全です。そして、業者として届け出をしっかり行っているのか前もって確認しておきましょう。違法に調査を実施している業者へは依頼は控えた方がよいでしょう。
信頼できる探偵事務所を選びたいときには、口コミをチェックするのも有効です。
間違えないでいただきたいのは、探偵事務所が運営するホームページに記載されているような口コミではなくて、全く関係のないところが運営する掲示板や相談サイトにアップされている口コミを確認するようにしましょう。
該当する探偵事務所と金銭的に無関係の人による口コミは、信頼性が高いのは明白です。
プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。
子供がいるご夫婦の場合は特に配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚とは、そう簡単にすることができないものです。
養育費も期待するほど貰えないことが多いですし、支払わずに音信不通、なんてこともありますから、一人で育てていくのは容易ではありません。反対にそれが男性の場合でもまた同様で簡単に仕事と両立することはできないでしょう。運転する人の目につかないところにGPS端末を取り付けておいて、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、現在地を確認したり後で蓄積しておいたデータを呼び出して様々な分析をすることも可能です。移動手段に、車を使わない人の場合は、カバンにGPS端末を隠しておく、という方法もあります。
それによって、相手が行った場所や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。浮気に関する調査を成功報酬で探偵事務所にお願いすれば得をするかと言えばそうでない場合にも遭遇します。
成功報酬ならば一般的な感覚としてはもし調査が不成功の場合、料金の支払いをしなくてよいので頼んだ方が得をするようなイメージを持つかもしれません。
そのため、特に成功報酬の制度を持っている探偵事務所に限定して、利用しようとしている人もいます。
結婚している相方が、浮気しているときでも離婚を避けたいのなら昔でいう「逢瀬」の場に、勢い込んで行くのはしないほうがいいでしょう。
浮気していることを指摘された結果、相手が逆ギレしてしまって、別れなければいけなくなってしまうことがあるでしょう。
その上、浮気相手との会話によって精神的に、耐え難い苦痛を味わうこともあります。

浮気相手と会っているだろう曜日や時間

浮気相手と会っているだろう曜日や時間の手がかりがあれば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、調査費用は安くなりますよね。

といっても、いつ浮気をしているのかを特定できているなんていっても、見知っている人にお願いして証拠を撮ってきてもらうにしても、無駄足になることが多いでしょう。

知られずに証拠写真を手に入れるにはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。

日常生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことは自分ひとりでできないことではありませんが、ごまかしきれないような浮気の証拠を押さえるためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が安全、安心です。

そして、探偵に頼むという事は、浮気に関する証拠が手に入る、ということにとどまらず、豊富な経験に裏付けされたアドバイスをもらえる、という付加価値もあるのです。

法律上では、既婚者が自分から夫婦ではない異性と男女の関係になることを不倫とよびます。

すなわち、法律上では、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、浮気とはいえません。

性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。

探偵に依頼した仕事が浮気調査だった場合、どう考えても覆しようのない裏付けが取れれば、配偶者と不倫相手から慰謝料を支払ってもらうこともできます。

相手が信頼できなくなってしまったら死ぬまで一緒にいるとなるとかなりの精神的な負担になりますから、慰謝料をもらい、離婚することは選択肢の一つかもしれません。

あと、配偶者の不倫の相手に慰謝料を求めれば、別れさせることも難しくはありません。

 探偵が使う追跡グッズというものは、 自分で買うことができるかといえば、購入することが可能です。

通常は、追跡グッズはGPS端末を使用することが多いです。

でも、誰でもネットなどで買うことができます。

車に載せているのをよく見るGPS端末は、本来、車の盗難されたときのために付けておくものですので、当然、誰でも購入できます。

探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合がある

探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。

探偵は浮気調査において精通しているとはいうものの、失敗することがごく稀にあります。

配偶者がいきなり車や電車を使ったり、探偵の尾行に気づいてしまう可能性もあります。

加えて、浮気調査期間中に不倫相手と接触しない場合には証拠写真も撮れません。

自ら動くより、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。

経験豊富な探偵に依頼したら、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

素人が調査をしてみても、浮気しているということはすぐに調べがつきます。

しかし、相手を責めたてても「そんなことはしていない」と浮気を認めなければ、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのためにも確実な証拠が絶対に必要なのです。

浮気である証拠をカーナビによりつかめます。

カーナビ上の履歴を見ることで、浮気相手とドライブデートしたというところを見つけられます。

履歴が見慣れない場所であった場合注意が必要です。

それに加えて、よくもしガソリンを入れていたら、車で会っている場合があります。

一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、調査する人の数にもよりますが、1時間あたり1万円から3万円くらいです。

当然ですが、調査員が少ない人数なら安く、増えるほど高くなります。

そして尾行の際、車とかバイクで行う場合、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、要確認です。

法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に肉体関係を持つことを不倫といいます。

ということは、法に従えば、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、浮気とはいえません。

個人では肉体関係の証拠をつかむのは難しいですが、探偵や興信所に内偵してもらうこともできます。

領収書やクレジットカードから浮気を確定する

領収書やクレジットカードから浮気を確定することもできるはずです。

まず、いつもなら好んで行くことがないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、いつもその近くに赴いている事になります。

そこで見張っていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手が不倫を認めない時には証拠が必要となります。

どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれで終わりとは言えません。

浮気を調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。

そんな状況になった時に、依頼者の立場を一番に気にかけてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。

信頼してもいい探偵なのかは、相談した時の対応などでよく考えて判断するようにしてください。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。

特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。

男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行時間が短い方が、少ない費用になります。

というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、日頃からパートナーの生活のパターンを理解しようと観察することが大切です。

そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、どちらにもメリットがあります。