2017年04月の記事一覧

探偵 浮気調査

探偵事務所は浮気調査に利用されています

月別:2017年04月

結婚調査がされやすいタイプ

誰でも結婚する際、相手の事について高いお金を出して探偵に依頼し、結婚調査を行う訳ではありません。
ではどの様なタイプの方が結婚調査をされやすいのでしょうか。
ここに挙げたタイプが必ずしも結婚調査がされやすいと言う訳では有りませんが、参考程度に挙げてみたいと思います。
先ずは「お見合い」の場合です。
お見合いの場合は相手の身元がしっかりしている事が多いですので、素性については隠し事は無いと思います。
しかし普段の生活についてはなかなかお見合いでは知る事が出来ないと思うのです。
お見合いをして直ぐに結婚前提でお付き合いをしていき、その中で知っていくと言うのは良いと思うのですが、普段の行動、交友関係、ギャンブル癖、浪費癖、異性関係等、不安な点が有る場合には結婚調査をしてみても良いかもしれません。
次に自分の事をあまり話したがらないタイプ、逆に自分の事を喋りすぎるタイプも結婚調査がされやすいタイプなのではないでしょうか。
自分の事をあまり話してくれないと、何を考えているのか分からず、結果的にどんな人かが分からないと言う事で、探偵に結婚調査をして普段の行動を見ておきたいと思うのかもしれません。
逆に自分の事を話しすぎるタイプの場合は、話しすぎる為に何処まで信じて良いのか分からなくなり、裏の顔が有るのではないか、何かを隠したくて他の事を不要な位話しているのではないかと思ってしまう事も有ると思うのです。
他にも結婚調査がされやすいタイプと言うのは有ると思いますが、主にこうした人達がされやすいのではないかと感じます。

結婚調査の流れ

実際に結婚調査を探偵に依頼する場合、先ずは探偵社を探す所から始まります。
インターネットを検索するだけで探偵事務所は山の様に出てきますので、色んな検索ポイントを駆使して自分に合いそうな探偵社を探していきます。
次に電話やメールで探偵社に連絡を取り、実際に伺って結婚調査の相談をしてみます。
この時、教えておいた方が良いだろうなと思う情報が有る場合には資料としてまとめて持っていくと良いでしょう。
相談料に関しては無料の所が多いですので、何ヶ所か相談に行ってみるのも良いと思います。
次に探偵社側と面談をして、どの様な調査内容にするか、費用はどれだけかかるのかと言う見積もりをしてもらいます。
相談と面談が一緒に行われる所も多いですので、ここで依頼するのか、止めるのか、決断をする事になります。
その後契約をしたら、早速調査開始になります。
調査中はポイントポイントで依頼者のメールや電話に連絡が入り、逐一報告をしてくれる探偵社も有ります。
調査が一通り済んだら、最後に報告書をまとめてくれます。
これに調査結果が記載されますので、それを戴きます。
通常はこれで結婚調査の一連の流れが終了になりますが、探偵によってその後のアフターサービスを提供してくれる所も有ります。
例えば結婚詐欺だったから訴えたいと言う場合には、弁護士を紹介してくれますし、どうしたら良いのか相談に乗ってくれると思います。
探偵社によって多少流れは異なってきますが、大体一般的な流れはこの様になっています。
参考にして調査依頼をしてみてはいかがでしょうか。

結婚調査依頼中の注意点

せっかく探偵に依頼して結婚調査を行ってもらっても、依頼者側のミスによって調査対象者に結婚調査をしている事がバレてしまい、失敗に終わってしまう事も少なくありません。
そこでここでは結婚調査依頼中の依頼者に対する注意点について挙げてみたいと思います。
先ずは「無理に情報提供しようとしない」と言う事です。
対象に結婚調査を依頼する際、相手の行動パターンや証拠等、情報が多い程スムーズに進むと思うのですが、その中でも特に異性関係の調査をする場合には特に注意が必要で、依頼者側がスムーズに調査を進めて欲しいと言う思いから、調査相手に「今日は何してるの?」とか「何時頃に帰ってくるの?」とか直接聞き出そうとする事が有ります。
いつもそうして聞いているのであれば良いのですが、そうではない場合、突然の質問に警戒心を抱いてしまって、普段通りの行動をしてくれない可能性が高まってきます。
ですから結婚調査依頼中は依頼者はなるべく普段通りに振る舞う必要が有るのです。
探偵社側もプロですのでちょっとした情報から調査は出来ると思いますので、あまり必死になって情報を直接調査相手本人から探ろうとしない様に注意しましょう。
次に「証拠が見つからない様にしましょう」と言う注意点が有ります。
探偵社側から預かっている契約書とか、情報収集の為の証拠とか、調査相手本人に見付かってしまったら意味がありません。
探偵事務所を検索した履歴もパソコンに残ってしまうと見られる可能性も有ります。
そういった結婚調査をしている証拠が調査相手に見つからない様に注意する必要が有るのです。

結婚調査と個人情報

結婚調査とは結婚をしようとしている人、または配偶者の知らない色んな情報を調査する事を指しています。
調査対象人物の個人情報を調査して資料として渡してくれる為、そこから結婚をしようとか破談にしようとか等の参考資料になります。
しかしその調査内容は今で言ったら完全な個人情報となります。
悪用されたりしたらと思うと不安になりますよね。
こうした探偵事務所における個人情報の取り扱いはいったいどうなっているのでしょうか。
個人情報保護法が制定される前の結婚調査の際には、戸籍謄本の閲覧が自由に出来たり、ご近所の方に聞き込み調査をしても有る程度教えてくれたりと、調査自体が比較的簡単に出来る時代でした。
しかし現在は個人情報保護法が制定されている事も有り、昔ほど簡単に情報収集が出来ない時代になってしまいました。
その為、結婚調査も簡単に出来ないと言うジレンマが今は有るそうです。
そんな厳しい状況の中で収集した情報は、個人情報としては最高レベルに値する物だと思います。
信頼できる探偵や興信所の場合、調査終了と共に収集した資料は破棄する様になっている事が多いそうなのです。
契約時に個人情報の取り扱い方について説明が有ると思いますので、事前に確認しておくと良いでしょう。
逆に個人情報の取り扱い方について説明が無い様な場合は、依頼自体を考え直した方が良いかもしれません。
この様に探偵事務所側では調査で収集した個人情報の取り扱いをしっかりと行っている所が多いのです。
逆に依頼者側がうっかり口を滑らせてしまい、頂いた内容を漏らしてしまう可能性が有り、そこから個人情報が流出してしまう場合も有りますので注意する必要が有ります。