浮気調査を探偵事務所を使ってしてもらい、浮気の証拠を掴んだとします。
その浮気の証拠の活用の仕方は人それぞれだと思いますが、離婚をした場合の活用法と、離婚をしたくない人の活用法とでは違ってくると思います。
比較サイトを見てみると色んな活用法が出て来ると思いますが、ここでは離婚をしたい場合の活用法を挙げてみたいと思います。
一番としては「慰謝料請求時に役立てる」と言う事です。
慰謝料を請求する為には浮気をしている証拠が必要です。
これは法律的に認められている証拠となり、簡単に言えば肉体関係が有るか無いかが鍵となります。
肉体関係が有ったかどうかを証明する為には、浮気調査を探偵事務所に依頼してきちんとした書類で作成してもらうのが、自分で集めるのと比較して早いし確実です。
こうして浮気の証拠を掴んでいる状態で、配偶者に対して離婚の宣言、慰謝料音請求をする事の宣言を伝えていきます。
この時注意して欲しいのは、どの様な証拠をどの位持っているのかと言う事を相手に伝えないと言う事です。
浮気の事実を突きつけた場合、「どこまで知ってるんだろう?」と不安になると思います。
この程度しか知られていないなら、慰謝料を支払う必要が無いと相手に思わせてしまってはいけないのです。
慰謝料を最大限に貰う為にも、切り札は最後まで取っておく様にしましょう。
また証拠が複数ある場合には小出しにしていくのも1つの方法です。
配偶者を精神的に追い詰める事が出来ます。
もちろん専門的な事は弁護士に任せるのが良いと思いますが、離婚をしたい場合はこうした活用法が有ると言う事を覚えておくと良いでしょう。