自分の配偶者が浮気をした場合、浮気の事実を認めて夫婦間できちんと話し合って解決できるのであれば、探偵事務所での浮気調査は不要だと思います。
しかし実際には配偶者から離婚を言い渡された多くの方は、その配偶者が浮気をしていてもその事実を隠され、「性格が合わない」「嫌いになった」等、全然違う理由を付けられて離婚を迫られているそうなのです。
そうなると本当は貰えるはずの慰謝料を貰わないで離婚してしまい、後々不倫の事実を知って悔しいと思いをする事も少なくないのです。
更に浮気をした事を認め、いざ離婚の話し合いになった際に慰謝料の条件を突きつけた途端に「浮気はしていない」「だからそんなに払う必要が無い」と言う態度を取る場合も有ります。
こうした誠意の欠片も感じられない配偶者と優位に離婚を進める為にも、浮気調査でしっかりと証拠を集めておく事が重要となるのです。
探偵事務所で浮気調査を依頼した場合、しない場合と比較して浮気の証拠もきちんと取ってくれる他、浮気相手の身元も調べてくれます。
こうした情報を優位に使って慰謝料を出来るだけ多く摂れる様にしてみてはいかがでしょうか。
通常慰謝料は50~150万円位が相場だと言われています。
これは弁護士を通じて離婚請求した場合の慰謝料です。
それと比較して探偵事務所で得た情報で請求した場合、それ以上の慰謝料を貰える事も少なくないと言います。
離婚は精神的にダメージが凄く大きい物です。
それでも離婚に踏み切るのであれば少しでも優位に進められる様に浮気調査をしてみると良いと思います。