配偶者が浮気をしていても、自分は離婚をしたくないと思っている方は意外と多い様です。
その場合、知らない振りをして我慢していればいいのでしょうか。
いいえ、そんな事は有りません。
そんな時でも浮気調査で得た浮気の証拠は持っていた方が良いのです。
もしも浮気をしている配偶者の方から、浮気をしている事実を隠された状態で離婚を切り出された場合、離婚に踏み切らねばならない状況になってしまう可能性が出てきます。
それだと浮気の事実を知らないまま、浮気相手に配偶者を奪われてしまうと言う事になるのです。
しかし「浮気をしている側からの離婚請求は認められない」と法律では定められています。
ですから本来離婚しなくても良いのにしてしまう事にもなってしまうのです。
配偶者から離婚を切り出された時に、探偵に浮気調査を依頼しておき、もしも浮気の事実が認められた時、その離婚請求は無視出来る事になるのです。
つまり浮気の証拠を持っていると言う事は、離婚を避ける為のお守り代わりと言う事になります。
万が一、それでも離婚になった場合には、その浮気の証拠が慰謝料請求の要となる証拠となります。
つまり、通常は探偵に浮気調査を依頼すると言うのは離婚をしたい時と思いがちですが、離婚をしたくない場合でも浮気調査はしておいた方が良いと言う事になるのです。
色々と比較してみると、探偵事務所もピンキリですので、比較サイトや口コミをみて調べてみると良いでしょう。
ご自身の大切な結婚生活を守る為にも、浮気の証拠に関する知識を身に付けておく事が重要なのです。