タグ:情報の記事一覧

探偵 浮気調査

探偵事務所は浮気調査に利用されています

タグ:情報

探偵事務所依頼時の事前準備

今はインターネットで検索をすると、色んな探偵事務所を比較する事が出来ます。
色んな比較条件が有るとは思いますが、選ぶ前に先ずは事前準備をしておく必要が有ります。
探偵事務所に浮気調査を依頼する際、浮気調査に必要そうな情報を出来る限り集めておく事が重要になります。
自分の配偶者が浮気調査対象であれば、その配偶者の顔写真を数枚、車が有るならナンバーや車の写真、会社の住所、携帯電話や生年月日等、分かる範囲の情報をまとめておくとスムーズに話が進んで行きやすくなります。
次に浮気調査を探偵事務所に依頼する場合、どこまで調べて欲しいのか、目的をしっかり決めておく事も大切です。
浮気の事実の確認だけで終わらせたいのか。
もしも浮気の事実が確認できた場合はどこまで調べてもらいたいのか、それも決めておく必要が有ります。
離婚訴訟に持っていけるだけの証拠を集めて欲しいのか、単なる事実確認だけの証拠で良いのか、それによって探偵事務所も調査の仕方が変わってきます。
そうした事前準備をするのとしないのとでは、相談時間も違ってきますし、値段の総額的にも変わってくるかもしれません。
最初に決めておくことで、値段の予想が大体立てられますし、それ以外にかかる費用についても説明してもらえるかもしれません。
どちらにしても追加料金のことは聞いておくと良いと思います。
提示してある費用が調査費用だけで、資料作成の値段が含まれていないとか、オプション的な場合も有りますので聞いておくと良いでしょう。
こうした事前準備をきちんとしておく事で、短期間で調査をしてもらう事に繋がるかもしれませんね。

探偵と調査依頼

探偵へ調査を依頼する時は依頼内容をまとめておくことが大切です。
また、探偵のことを知らないでしょうから、まず知人に相談してみましょう。
探偵への依頼経験があるかもしれません。
その時のことを思い出してもらえば、探偵社を紹介してもらえるでしょう。
もちろん、自分で探すことも悪くありません。
ただ、探偵社の情報は少ないため、インターネットのホームページを参考にすることが多いでしょうが、ホームページは広告ですから、いいことだけが書かれています。
チェックすべき点は代表者氏名、所在地、電話番号など会社としての基本情報をきちんと掲載しているかです。
これは基本ですから、掲載されていない場合は、避けておくことが無難です。
ただ、探偵業は大手の方が優れているとは限りません。
個人レベルのスキルでカバーできる部分が多いからです。
張り込みなどをする時でも2人いれば済みます。
それ以上の人数をかけると効率が悪くなるだけです。
依頼したい調査内容によって調査方法が違ってきます。
料金も変わるでしょう。
料金の相場をチェックする時に作業内容で変わりますから間違わないようにしてください。
家出人の捜索や浮気調査などが一番ポピュラーですが、どの範囲まで調査するかによって料金が変わります。
県外の遠くまで調査に出かけなければならないと、交通費や宿泊費が発生します。
相場以外の料金がどんどんかさんできます。
あなたが支払える金額を前もって提示しておくこともいいでしょう。
その方が安心して依頼できます。

探偵の情報

探偵に何度も依頼した経験を持っている人はほとんどいません。
つまり、初めての依頼ですから探偵の情報そのものを持たないでしょう。
料金がどの程度なのか、どのような調査を行ってくれるのかもわかりません。
そこで探偵に関する情報を集めたサイトが有効となります。
情報サイトでは探偵の選び方から料金の相場、注意しなければならないことなどが掲載されています。
実際に依頼する前に呼んでおくことをおすすめします。
注意しなければならないのは悪徳探偵社がいることです。
お金だけを受け取って、実際の調査は適当にやっています。
または簡単にわかることなのに、高い料金を取ってしまうのです。
それから、探偵に調査依頼をしていることが家族にわかったりすると、それがトラブルの元になります。
秘密をきちんと守ってくれる探偵社を選ぶことが大切です。
調査したいことで悩んでいる上に、探偵社選びで悩まなければならないのです。
探偵社は全国にありますが、ほとんどは小規模であり調査範囲は地域を限定しています。
それでもあなたが求めている調査は満足できるのではないでしょうか。
もちろん、尾行調査などで遠くまで移動した場合は、それを追いかけて行くことになるでしょう。
料金がどれくらいになるかは交通費なども含めて考えておかなければなりません。
相場は全国であまり変わりません。
時間単価と内容による単価を決めている業者がほとんどです。
細かいことを書かずに一括の見積もりを提出するケースもあります。

結婚調査依頼中の注意点

せっかく探偵に依頼して結婚調査を行ってもらっても、依頼者側のミスによって調査対象者に結婚調査をしている事がバレてしまい、失敗に終わってしまう事も少なくありません。
そこでここでは結婚調査依頼中の依頼者に対する注意点について挙げてみたいと思います。
先ずは「無理に情報提供しようとしない」と言う事です。
対象に結婚調査を依頼する際、相手の行動パターンや証拠等、情報が多い程スムーズに進むと思うのですが、その中でも特に異性関係の調査をする場合には特に注意が必要で、依頼者側がスムーズに調査を進めて欲しいと言う思いから、調査相手に「今日は何してるの?」とか「何時頃に帰ってくるの?」とか直接聞き出そうとする事が有ります。
いつもそうして聞いているのであれば良いのですが、そうではない場合、突然の質問に警戒心を抱いてしまって、普段通りの行動をしてくれない可能性が高まってきます。
ですから結婚調査依頼中は依頼者はなるべく普段通りに振る舞う必要が有るのです。
探偵社側もプロですのでちょっとした情報から調査は出来ると思いますので、あまり必死になって情報を直接調査相手本人から探ろうとしない様に注意しましょう。
次に「証拠が見つからない様にしましょう」と言う注意点が有ります。
探偵社側から預かっている契約書とか、情報収集の為の証拠とか、調査相手本人に見付かってしまったら意味がありません。
探偵事務所を検索した履歴もパソコンに残ってしまうと見られる可能性も有ります。
そういった結婚調査をしている証拠が調査相手に見つからない様に注意する必要が有るのです。