自ら動くより、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。

探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自ら浮気調査をしてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じような仕事内容です。

ただ、差があるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

頻繁に掛かってきたり電話を受けていたりまた電話をかけ直していたりするとその電話の相手が浮気相手という確率は濃厚であると考えられます。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を断定することができますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話の後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

浮気の裏付けがSNSで発覚することもあります。

SNSは実名を公表しないので相手も思いがけずに、プライベートを事細かに書いてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。

場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動を書き込んでいる可能性もあるのです。

ユーザー名を知っていたら調査してみて下さい。

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。

まず頭を冷やして、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。