領収書やクレジットカードから浮気を確定することもできるはずです。

まず、いつもなら好んで行くことがないようなよくコンビニエンスストアのレシートを見かけることが多くなったら、いつもその近くに赴いている事になります。

そこで見張っていると、浮気の現場を確保できるかもしれません。

不倫の慰謝料の相場としては200万円前後ですが、50万円程度となるケースもありますし、400万円くらいまでになることもあります。

離婚しなくても慰謝料を求めることができますが、金額は低いです。

さらに、不倫相手が不倫を認めない時には証拠が必要となります。

どの人からみても明らかな不倫の証拠が必要です。

探偵事務所の役割は依頼の調査のみすればそれで終わりとは言えません。

浮気を調査していると、何かしらのトラブルが起こるものです。

そんな状況になった時に、依頼者の立場を一番に気にかけてくれる探偵が信用していい探偵と言うものです。

信頼してもいい探偵なのかは、相談した時の対応などでよく考えて判断するようにしてください。

浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚をしないという選択肢もあります。

特にお子さんがいらっしゃる場合、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、理由をつけて支払われないことも多いですから、一人で育てていくのは容易ではありません。

男手一つで育てることも、また同様に仕事をしながら両立させることはそう簡単ではないでしょう。

尾行代金の設定が時間単位で行われている場合、探偵の尾行時間が短い方が、少ない費用になります。

というわけで、尾行依頼を探偵にする時には、日頃からパートナーの生活のパターンを理解しようと観察することが大切です。

そこで一番おかしな行動をする時間帯や曜日に尾行をしてほしいと依頼をすれば、余計な手間をかけずに探偵も尾行することができ、どちらにもメリットがあります。