探偵による調査は高額ですから、単純に、「じゃあ自分で尾行しよう」とする人がいるでしょう。簡単にできそうに思えますが、それはテレビドラマの話で、実践してみればそうはいかないもので相手に勘付かれずにつけるのはとても技術がいるでしょう。
こちらの行動がバレてしまうと、相手は手を打つので、本当に浮気していなかったのかわからなくなってしまうこともあります。相手の非を認めさせるには確実な証拠がいるので、プロに浮気調査をお願いするべきです。
調査機関に依頼したところ、自分の結婚相手の浮気が見つかったならば、結婚生活を維持するかどうかなかなか決められずに困りますよね。
まずは落ち着いて、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。
夫婦はお互いに貞操義務が生じると法律に明記されていますから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活を解消するのもいいでしょう。
夫が浮気しているところを奥様がつかまえておぞましい戦場になるシーンは、ドラマ・芝居で目にすることも多いです。
妻とその浮気相手がいるところへ夫が乗りこんだら、相手を刺したり、殺してしまうシナリオもよくありますね。
情事の現場へ乗り込むのも1つの方法でしょう。
離婚になってもいいと思う場合は、取っていい行動といえるかもしれないです。
離婚ということになってもかまわない、慰謝料がたくさん欲しいと考える場合、思い切って浮気現場に踏み込むのも良いでしょう。
そうは言っても、単独で乗り込んでしまうと、大きい揉め事の原因になりうるので、避けたいところです。
信頼する人に付いて行ってもらえば、感情的に喧嘩になってしまう心配もないでしょう。
信頼できる人が見つからない場合は、探偵等に依頼すると良いです。浮気の証拠は携帯からもつかめますね。
携帯電話は浮気相手への連絡のためのツールとしてごく自然に使われるからです。
近頃は、メールとかLINEといった手段で連絡をする機会も増えましたが、やはり好きな人の声を聞きたい、話したいと思う可能性は十分あります。ですから電話をする可能性も十分ありえるのです。
生涯の伴侶の不適切な恋の調査を探偵に頼む時、一般的には、調査員の人数と浮気調査の期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。探偵は1万円以上の時給が相場と言われており、浮気調査をした時間が長ければ長いほど調査料金が高くなります。調査する人の所属するオフィスにより、使う機器や調べていく人の才能には差があるため、周りの人の評価なども参考にしたら良いと思います。
車の目立たない場所にGPS端末を装着して、移動の履歴をリアルタイムに監視し続け、今いる場所をモニターしたり、後で蓄積しておいたデータを呼び出して分析することもできます。
普段、運転しないような人の場合は、普段持ち歩くものの中にGPS端末を隠しておけばよいのです。
こうすることによって、パートナーの行き先や何時間滞在したのかもわかってしまうでしょう。
探偵の浮気調査を例に挙げても失敗する場合があるでしょう。探偵が浮気調査に精通しているといっても、予期せぬトラブルに見舞われることが全くないとは言えません。
調査対象が不意に車に乗るとか、電車に飛び乗ったり、尾行に気づくこともあるでしょう。また、浮気調査期間中に不倫している相手に関わらない場合には尻尾を掴みようがないです。法律の上で、結婚した人が配偶者以外の異性と故意に男女の関係になることを不倫と定義しています。
すなわち、法律上では、性関係になければ、食事をしたりカラオケに行く程度なら、不倫ではありません。
自分で助けを借りずに肉体関係を証明することは難しいですが、探偵や興信所に調査を依頼してみることができます。浮気調査を探偵事務所に成功報酬でお願いすれば得をするかと言えばケースバイケースでそうでないこともあります。
成功報酬ならば一般的な感覚としては結果として不成功となった場合、報酬を払わずに済みますからお願いした側にとって得になるような感じを持ちます。
そのため、成功報酬の探偵事務所に特定して、選んでいる人さえいるのす。