探偵 浮気調査

探偵 浮気調査

探偵事務所は浮気調査に利用されています

弁護士が運営する探偵社 響・Agent

記事一覧

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたの夫または妻、そしてその不倫相手に慰謝料を請求できます。

ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、すでに夫婦であるとは言いがたい状態だった場合は、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。

慰謝料の額は、いかに精神的に苦しかったか、歳や婚姻年数など総合的に判断して裁判所が決定します。

法律上では、既婚者が自分から夫婦ではない異性と男女の関係にいたることを浮気といいます。

すなわち、法律上では、性関係になければ、一緒に時間を過ごしていたとしても、不倫ではありません。

性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、プロに頼んで調べてもらうという手もあります。

同じ電話番号の人から何度も電話が掛かってきていたり電話番号があるとしたらそれは浮気相手と連絡を取り合っているという可能性がある程度間違いないと思われます。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を断定することができますね。

ですが、気の回るパートナーですと、電話で浮気相手と連絡を取りあった後には電話履歴を消していることも多々あり得ることです。

探偵が気づかれないようにしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、パートナーが警戒心を抱くことになって浮気調査が難しくなり、失敗してしまう場合もあるでしょう。

探偵が浮気調査をする場合、確実に証拠が集められると決めつけてはいけません。

失敗した場合の代金についても、調査する前にちゃんと確認しておきましょう。

プロの探偵に浮気調査を依頼して浮気の証拠を掴んだところで離婚をしないという選択肢もあります。

子供がいらっしゃる場合だと特に、配偶者の浮気がどうしようもない事実だと知ったところで離婚というものはそう簡単なものではありません。

養育費は想像しているよりもずっと少額になりますし、約束をしても支払ってもらえないことも多いですから、女手一つで育てていく大変さは、並大抵ではありません。

男手一つで育てることも、また同様に仕事を両立させることは簡単では無いでしょう。

浮気をする曜日、時間

もし浮気をする曜日、時間がはっきりしているのならば、ぞの分の調査期間を必要としなくなるため、それだけ調査費用が節約できるわけです。

しかし、浮気をしている日時がわかっていたとしても、知人に相談して写真を撮るようにすると、ほとんど駄目でしょう。

知られずに証拠写真を手に入れるにはプロの探偵に調査してもらうのがベストなのです。

浮気の根拠を手にするには、探偵に浮気調査をしてもらうのが一番確実です。

とはいえ、探偵への調査依頼は費用が高くつきますから、あらゆる人が簡単に頼むことのできるものではありません。

探偵に浮気調査を頼んだとしたら、お値段はどのくらいあればよいのでしょう?探偵事務所によってそれぞれ金額は異なりますので、調査を依頼する前には見積もりをお願いするとよいでしょう。

結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、または高過ぎるような金額が設定されているところではなく、明瞭で詳しい料金設定がなされており、後で追加料金を請求してこないような探偵会社を選択するのが良いでしょう。

また、探偵業の許可を取得しているのかお調べください。

法を逸脱した調査をしている探偵社には依頼しないように気を付けましょう。

自分の夫あるいは妻が他の異性と不倫をした場合、あなたはその配偶者と不倫相手に慰謝料を請求することが出来ます。

ただし、配偶者が不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、二人の間に亀裂があったと認められる場合、あなたは二人に対して慰謝料を請求できません。

慰謝料は、どの程度精神的に傷ついたか、歳や婚姻年数など様々な角度から検証して裁判所が決定します。

探偵が浮気調査する時でも時には失敗することもあります。

探偵が浮気調査の専門家だとしても、予期せぬトラブルに見舞われることが少なからずあります。

尾行対象がある日突然、車や電車で移動したり、尾行に感づいてしまうこともあるでしょう。

それに、浮気調査実施中に浮気相手に会わないケースでは尻尾を掴みようがないです。

自ら動くより、浮気調査は経験豊富な探偵に

自ら動くより、浮気調査は経験豊富な探偵に頼んだほうがいいでしょう。

探偵にお願いすると、確実に浮気の証拠をつかんでくれます。

自ら浮気調査をしてみても、浮気している事実くらいならすぐにわかります。

だからといって、パートナーを責めてみても、浮気を認めようともしなかったら、離婚を有利な条件ですることは無理でしょう。

そのためには、絶対確実な証拠が必要です。

興信所と探偵事務所の違う所を聞かれた場合、これと言って無いと言ってもよろしいでしょう。

双方とも、浮気調査、身辺調査、ストーカー対策とか行方不明者の捜索と言うような同じような仕事内容です。

ただ、差があるとしたら、企業や団体からの依頼の多くは興信所に、探偵は個人からの依頼が多い傾向です。

頻繁に掛かってきたり電話を受けていたりまた電話をかけ直していたりするとその電話の相手が浮気相手という確率は濃厚であると考えられます。

そういったことが見受けられたらその電話番号の相手を断定することができますね。

しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手との電話の後には着信や発信の履歴を必ず消すということも忘れずに行っているということもあります。

浮気の裏付けがSNSで発覚することもあります。

SNSは実名を公表しないので相手も思いがけずに、プライベートを事細かに書いてしまう事がありがちでは、ないでしょうか。

場合によっては、浮気を証明する根拠となる行動を書き込んでいる可能性もあるのです。

ユーザー名を知っていたら調査してみて下さい。

自分の配偶者を調査してもらったところ浮気が明らかになった時、結婚生活を維持するかどうか心が乱れますよね。

まず頭を冷やして、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、自分の気持ちを見つめてみたほうがいいです。

法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、慰謝料を支払うよう配偶者とその不倫相手に求め、結婚生活の解消をするのも一つの選択肢です。

結婚相手の浮気調査を委託する場合

結婚相手の浮気調査を委託する場合、あり得ないほど低い報酬額であったり、高料金に設定されている事務所ではなく、料金設定が細分化されていて、事後に追加料金を支払わなくて良いような探偵事務所がオススメです。

そして、探偵社として必要な許可を取得しているのか確認が必要です。

違法に調査を実施している業者へは依頼しないように気を付けましょう。

不倫に関する問題を相談するなら弁護士に相談することをオススメします。

離婚したいと思うのか、不倫相手から慰謝料を取りたいと思うのかを考えてから相談しましょう。

不貞の証拠を掴みたい場合には、探偵や興信所に相談しましょう。

相談者が女性の場合、近所の奥さんや友だちに相談してしまう方も少なくありませんが、噂の対象になりたくないのであれば、絶対にしてはいけません。

どのような行為をしているか記すことで浮気を実証できる場合もあるのです。

基本的に、日々の行動にはパターンが定まってくるものです。

しかしながら、浮気をしている人は、そのパターンが揺らぎます。

変わった時間帯や曜日が特定することができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の根拠を示す目途がたちやすくなります。

浮気調査に必要な期間は、普通は3?4日が目安です。

最初に断わっておきますが、これはあくまでも平均がそれぐらいだという話です。

調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあります。

一方で、浮気するだろうという日が調査の前に分かっていれば、調査期間は1日で済むこともあります。

探偵の場合には、怪しいと思われることを避けるために警戒を怠ることなくいわば地道な調査方法を取りますが、興信所は多くの場合、企業調査や身辺調査を任されることもあって、自分の目的を話して表立った調査をしているようです。

そういうわけで、個人の行動を調べるには探偵が向いており、一方、興信所は情報を集めることが上手だと見てよさそうです。